読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんと♨︎ガール

美大出身の「せんとガール」が、昔ながらの銭湯をめぐる。(主に東京) 

地域を支えるコミュニティ銭湯!豊島区の妙法湯(中編)

B.銭湯めぐり  ▼東京の銭湯   豊島区の銭湯/2軒

妙法湯レポート、前編はこちら


さて、風呂場を見てみましょう!

f:id:saint-girl:20150322231518j:plain

奥には、棒で仕切っているけれど一続きの湯船。

それと手前に水風呂がひとつ。
奥の浴槽は、初めて見る、青とピンクの光がお湯の中を照らしている!

 

開店の直前に撮影したのですが、常連のおばさんが、ささっと椅子と洗面器を持ってきて、ちゃっかりお気に入りの場所をとってました。

f:id:saint-girl:20150322231540j:plain

女風呂は、花柄の洗面器なのですね。
この位置は、水風呂とサウナの行き来に便利な席とみた!

 

煌々と輝く湯船…、熱めなんです、これが。o(>ロ<)o

f:id:saint-girl:20150322231627j:plain


温度計を見ると、43度。
もちろんお水が出るカランはついてますよ!

普段、私が銭湯へ行ったときは、自分にとって熱すぎるお湯は避けて、ぬるめの湯船を見つけて楽しんでいます。
というのも、せっかくの熱めのお湯を水で埋めては、熱湯派のおばちゃまに「怒られる」イメージがあるからです。実際に怒られたことはないし、現場を目撃したこともないのですが・・・、話に聞いたり漫画で読んだりして勝手に作り上げた、イメージなのです。


しかしここ妙法湯、熱い湯船の他には水風呂だけ。

(湯船に入れずに、銭湯レポートとは言えない!だけど、常連のおばあちゃん達が数人いる中で、初心者のわたしがお湯を埋めるわけには・・・!)・・・と葛藤。

あらかじめシャワーのお湯で熱さに体を慣らしてから、湯船のふちをまたいで膝まで入るも、また引き返し、というのを二度繰り返しました。

うーん。私もまだまだ江戸っ子レベル(?)が低いです…。

f:id:saint-girl:20150322231736j:plain

そして、誰もこちらを見ていないのを確認、カラン全開、水をジャ、ジャーッと一気に足す!
よし、このまま浸かろう!

他のお客さんにチラッ、チラッと目をやりながら、…お、だいぶいい温度になってきた…と思ったのも束の間。

水を止めた瞬間、ぬるくなった湯が、ジャグジーの勢いに追いやられ、フワーッと消えてしまうのでした…。

ずっと水を出しっぱなしというのもなんだか気がひけるし…この場合、どうしたらいいのでしょう。

そういう場合の、苦肉の策。水風呂を活用するのです! 

f:id:saint-girl:20150322231758j:plain

水風呂、とっつきにくいなあ…と思っている人って多いのではないでしょうか?
温まりに銭湯に来ているのに、なぜ冷たい水に浸からなければならないのか。手を浸してみると、結構キンキンに冷えてます。
前までは私も、サウナから水風呂へ直行する人(ほとんど飛び込む勢いで入る)を見て、何が楽しいのか(←失礼)と不思議に思っていたのです。

f:id:saint-girl:20150325233937j:plain

※参考画像・水風呂へダイブする常連さん
(せんとガールのバイト先・富士見湯にて撮影)


わたしが水風呂の良さを知ったのは、学生の頃、銭湯でアルバイトをしている時。
そこで働いていた整体の先生に勧められて、半信半疑で浸かってみたのです。

 

整体の先生は、初めて銭湯の楽しみ方を教えてくれた人。私にとっての師匠なのです。
よく、先生は風呂場で私を見かけると、嬉しそうに笑顔で近寄ってきて背中を流してくれます。
f:id:saint-girl:20150326013100j:plain
胸をぎゅっと押さえながら浸かると、水風呂にも割と入りやすい、というのが先生の教えです。その前に水を手足にかけて慣らしておくと、更にスムーズ。

肩まで浸かると、あら不思議。
最初に思っていたよりもさほど冷たくなく、むしろ水が温かく感じるのですね〜。

 

そして、水風呂と湯船を往復することで、体の芯からほかほかになります。
水によって外側から冷やした体を、逆にあっためようとするんでしょうかね?
体の内側から、熱がカーッと湧き上がるんです。
熱い湯に浸かっては冷たい水へ。これを繰り返すごとに、自分の体を強化しているような感覚になります。
ちなみに私はこれをやるようになってから、一度も風邪をひいてません!

ただ、心臓病の方や高血圧の方、また体の調子が悪いときなどは、体に相談しながらやってみてください。いきなりざぶんと水に浸かると体がびっくりしてしまうので、足の先から心臓に向かって、徐々に慣らしていくのが、おすすめです。
体を冷やしすぎないよう、30秒〜1分くらいで出ましょう。

f:id:saint-girl:20150329125325j:plain

湯船が熱いと感じたときは、足元から始まり、太もも、腕、それから体全体に水をかけてひんやりさせておくと、多少熱いお湯にも入ることができますよ!(太ももまでかけておくだけでも、だいぶ入りやすくなります。)

f:id:saint-girl:20150329130023j:plain

あらかじめ、水のベールで体を包んでおくようなイメージでしょうか。

この方法で、私も妙法湯のお湯に気持ち良く浸かることができたのでした。

 

 

後半につづく!

 

 

妙法湯 Data

《住所》  東京都 豊島区 西池袋 4-32-4/椎名町駅から徒歩3分
《TEL》   03-3957-8433
《営業時間》15:30~24:45 日曜は14:30〜
《定休日》 月曜 

《URL》http://www.angelrock.jp/myouhouyu/  

妙法湯 (@104087) | Twitter

 

妙法湯 Map

 

せんと♨︎ガールの他の記事も読めます。

▶︎まちの銭湯めぐり

▶︎富士見湯日記

 

 ↓ Facebookにいいね!で、ブログの更新情報が届きます。